STORY ストーリー

1914(大正3)年5月、23歳の浅川巧は、朝鮮の山を緑に戻すという使命感を抱いて、故郷の山梨から朝鮮半島の京城(注)にやって来た。そこにはすでに兄の伯教が母のけいと妻とともに暮らしていた。朝鮮の美術工芸品を収集している伯教から、朝鮮の白磁を初めて見せられた夜、巧は強く惹かれる。二束三文の価値しかないとされるその白い壺の、温かみのある純粋な美しさを「まるで目から入る音楽だ」と巧は表現するのだった。
朝鮮総督府の林業試験所で養苗を担当することになった巧は、同僚の朝鮮人雇員チョンリム(青林)から朝鮮語を習い始め、次第に不自由なく会話できるようになる。同時に養苗の研究にも没頭。その一方で、日本人がいかに朝鮮の地で横暴に振る舞い、山林を乱伐し、人々を足蹴にしてきたかを、日々、目の当たりにしていく。母も上司の町田も朝鮮人蔑視の言葉を平然と口にすることに巧は憤った。

チョンリムとの友情は日ごとに深まり、また伯教に紹介された美術評論家の柳宗悦とも白磁を愛する気持ちを分かち合うことで意気投合。1916年には山梨の農林学校時代からの親友・朝田政歳の妹みつえと結婚、巧は公私ともに充実した生活を送っていた。だが、1919年3月1日、民族独立を目指す朝鮮人による大規模な独立運動が京城を中心に発生し、総督府の弾圧によって林業試験所の同僚のチョンスら多数の犠牲者が出る。この「三・一独立運動」に衝撃を受けた巧は、白い朝鮮服パジ・チョゴリを着るようになる。そんな巧に、日頃は穏やかなチョンリムが激高する。「自分だけが朝鮮人の味方のつもりですか?そんな服を着ても朝鮮人にはなれません!」。仲間のチョンスを失ったチョンリムは、深く傷ついていたのだ。
結婚して5年、娘の園絵が 4歳のとき、妻みつえが亡くなる。山梨で弔いを済ませ、朝鮮に戻った巧は、発芽しないと言われていた朝鮮五葉松の種子の発芽方法を思いつく。それは、朝鮮半島の自然を観察して思いついた露天埋蔵法というもので、種子を本来の自然の姿にもどして発芽させるやり方だ。その成功に、巧とチョンリムは手をとりあって喜ぶ。みつえが亡くなってから5年後、巧は柳宗悦の紹介で、咲と再婚。野菜売りのおばさんから言い値より高く野菜を買う巧に半ばあきれながらも、その優しさを温かく見守る、肝の据わった女性だ。
柳宗悦が提唱して浅川兄弟が設立に協力した朝鮮民族美術館の開館を迎えた日。独立運動に身を投じた少年インファが美術館に爆弾を投げ入れようとしたとき、父親のチョンリムが制止する。インファは逃れ、チョンリムは投獄される。
巧は、心を閉ざそうとするチョンリムに「それでも僕は木を植える。どんなに長い時間がかかろうと、どんなに世の中が憎しみあっても、それでも僕は木を植える」と語りかけるのだった。
種子採集のために朝鮮各地の山々を共に巡り、露天埋蔵法の成功を喜びあい、互いの子どもの成長を見守りあって、今では無二の親友になっていた巧とチョンリム。だが、2人の間を、牢獄が、民族と国家の壁が、引き裂いた。
彼らの友情はこのまま隔たっていく運命なのだろうか。雨に打たれて肺炎にかかった巧は、病をおして再びチョンリムとの面会に赴くが、別離の日はすぐそこまで来ていた──。
(注)日本統治時代のソウルの称。朝鮮王朝の首都漢城を、1910(明治43)年の韓国併合により改称。朝鮮総督府が置かれた。

史実に基づく物語 6月9日(土)新宿バルト9、有楽町スバル座他にて全国ロードショー