CAST/STAFF

吉沢悠

1978年、東京都出身。1998年にデビュー。以降、演技派俳優として映画、テレビ、舞台など幅広く活躍。主な出演作に、『星に願いを。』(03)、『Believer』(04)、『着信アリ2』(05)、『夕凪の街 桜の国』(07)、『逃亡くそたわけ-21才の夏』(07)、『孤高のメス』(10)、『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』(10)などがある。2011年は「JIN-仁-」「南極大陸」など話題のドラマに出演する他、舞台「オーデュボンの祈り」で主演をつとめた。2012年は本作の他に、『種まく旅人~みのりの茶~』が3月17日より公開され、現在NHK大河ドラマ「平清盛」に出演中。

ペ・スビン

1976年生まれ。2001年、映画『クラブ・バタフライ』でデビュー。2000年に中国に渡り、独学で中国語を勉強し、2001年中国CCTV「記憶の証明」(全30部作)に出演。2006年「朱蒙(チュモン)」が日本で放送され、注目を集める。その後「風の絵師」(08)、「華麗なる遺産」(09)、「天使の誘惑」(09)、「私の期限は49日」(11)などのドラマに出演。主な映画出演作には『ガールフレンズ』(09)、『エジャ』(09) 、『マイマイ』(12)、『怖い話』(12)など。現在、MBC「トンイ」がNHKにて放送中である。

酒井若菜 石垣佑磨

1980年、栃木県出身。ドラマ「木更津キャッツアイ」(02)、「MOTHER」(10)など、人気ドラマに数多く出演。主な映画出演作に『無問題2』(02)、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(03)、『恋の門』(04)、『天使の恋』(09)などがある。2013年には『あぁ...閣議』が公開を控えている。

1982年、東京都出身。2000年、ホリプロ「21世紀ムービースターオーディション」で準グランプリを受賞し芸能界デビュー。「ごくせん」(02)、「WATER BOYS」(03)など、人気ドラマに出演。主な映画出演作に『仮面学園』(00)、『バトル・ロワイアルⅡ【鎮魂歌】』(03)、『あずみ』(03)、『あずみ2』(05)、『 十三人の刺客』(10)、『ハードロマンチッカー』(11)などがある。

塩谷瞬 黒川智花

1982年、石川県出身。主演映画『パッチギ!』(05)で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞、第27回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。以降、映画を中心にテレビドラマ、バラエティ番組、CM、舞台など活躍の場を広げる。主な映画出演作に、『出口のない海』(06)、『象の背中』(07)、『カメレオン』(08)、『少女たちの羅針盤』(11)などがある。

1989年、東京都出身。2002年「愛なんていらねぇよ、夏」でドラマデビュー後、ドラマを中心に映画、CM、舞台などで活躍。2005年にドラマ「雨と夢のあとに」で初主演を果たす。主な映画出演作に『下弦の月~ラスト・クォーター』(04)、『少女たちの羅針盤』(11)などがある。現在、NHK「梅ちゃん先生」に出演中。

市川亀治郎 堀部圭亮

1989年、東京都出身。2002年「愛なんていらねぇよ、夏」でドラマデビュー後、ドラマを中心に映画、CM、舞台などで活躍。2005年にドラマ「雨と夢のあとに」で初主演を果たす。主な映画出演作に『下弦の月~ラスト・クォーター』(04)、『少女たちの羅針盤』(11)などがある。現在、NHK「梅ちゃん先生」に出演中。

1966年、東京都出身。1986 年にお笑いコンビ「パワーズ」で芸能界デビュー。
竜泉の名前で構成作家としても活躍。1996年、SABU監督作『弾丸ランナー』に出演以降、『鮫肌男と桃尻女』(99)、『茶の味』(03)、『孤高のメス』(10)、『アントキノイノチ』(11)など、数々の映画に出演。
またDVD「やさぐれパンダ 白盤・黒盤」で初監督。『悪夢のエレベーター』(09)では長編映画監督デビューも果たしている。

田中要次 大杉漣

1963年、長野県出身。1991年竹中直人監督『無能の人』に照明助手として参加。
その後、役者兼スタッフとして数多くの作品に携わる。2001年ドラマ「HERO」のバーテンダー役で人気を得る。以降映画、ドラマ、CMなど幅広く活躍中。主な映画出演作に『鮫肌男と桃尻女』(99)、『キル・ビル』(03)、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(07)、『桜田門外ノ変』(10)、『サラリーマンNEO 劇場版( 笑)』(11)などがある。

1951年、徳島県出身。北野武監督『ソナチネ』(93)で注目を浴び、舞台から映画、テレビドラマなどに活動の場を広げ、日本映画界に欠かせない俳優となる。
『HANA-BI』(98)でブルーリボン賞助演男優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。
近年の映画出演作に、『おにいちゃんのハナビ』(10)、『一枚のハガキ』(11)、『ツレがうつになりまして。』(11)、『おかえり、はやぶさ』(12)などがある。

手塚理美

1961年、東京都出身。CMデビューの後、連続テレビ小説「ハイカラさん」(NHK:82)でヒロインに抜擢され注目を集め、その後映画、ドラマ、舞台などで活躍。主な映画出演作に『茶の味』(03)、『象の背中』(07)、『パッチギ! LOVE&PEACE』(07)、『アルゼンチンババア』(07)、『余命1ヶ月の花嫁』(09)、『津軽百年食
堂』(11)などがある。

史実に基づく物語 6月9日(土)新宿バルト9、有楽町スバル座他にて全国ロードショー