カジノ好きで有名なセレブ俳優

ギャンブルの習慣を恥ずかしく感じたことはありますか?たまにカジノゲームを楽しむことに何か問題があると考えますか? 以前は、ギャンブルはタブーとされていましたが、最近ではカジノに追い風が吹いています。

ギャンブルは、一般人だけでなく、セレブにとっても娯楽の一種となりました。多くの有名人は、カジノで余暇を過ごすのが好きで、それを隠そうとはしていません。カジノ好きであるとセレブが公にすることに問題がないのなら、一般人でも同じことが言えるのではないでしょうか?

それでは、どうぞカジノ好きのセレブをご覧ください!

ベン・アフレック

ベン・アフレックは、世界的に成功しているセレブであり、女性の間で大きな人気を誇っています。ベンは、想像できことを何でもこなせるようで、ギャンブルもその一つです。長年にわたり、ブラックジャックをプレイしている姿がよく目撃されてきました。さらには、オンラインポーカーもプレイしているとも言われています。2014年にはカリフォルニア州ポーカー選手権で優勝し、ギャンブルの腕前を披露しています。

ブルース・ウィリス

『ダイ・ハード』ファンの方々は、みんな大好きなあの登場人物が、忙しいスケジュールが許す限り、カジノやトランプで遊んでいることをご存知でしょうか。引退間近になった今、ブルースは自由な時間を持て余しているので、カジノに夢中になっています。

報道によると、ブルースは、アトランティックシティのカジノを訪れては、何度も勝利しているそうです。バカラゲームでは、50万ドルを獲得したともいわれています。ギャンブルを趣味としている人にとっては、この数字はかなりいい金額だといえるでしょう。

マット・デイモン

数多くの映画と同様に、マット・デイモンはベン・アフレックのすぐ後ろにいます。このコンビは、ラスベガスの高級ホテルを訪れては、テキサス ホールデムをプレイするそうです。マットは、ベンと比べるとあまり勝利していないそうですが、それでも、いつも時間を見つけては、ギャンブルを楽しんでいます。

映画の撮影現場では、マットは、空き時間にオンラインポーカーをプレイするのが好きだとのことです。

レイ・ロマーノ

レイ・ロマーノは、セレブの間でも、最も熱狂的なギャンブラーだと言われています。あるときギャンブル依存症に陥ったレイは、助けを求めざるを得ませんでした。テレビドラマ『Men of a Certain Age』で演じた役は、レイ自身の実体験に基づいています。

最近では、レイはギャンブル行為にもっと慎重になり、スポーツ試合にしか賭けないようになりました。幸いなことに、ギャンブル依存症をコントロールする方法を学び、今では順調にいっているそうです。

チャーリー・シーン

チャーリー・シーンの苦い過去を知っている人は多いでしょう。チャーリーは、若い頃からギャンブルや薬物依存症の問題を抱えてきました。テレビシリーズ『チャーリー・シーンのハーパー☆ボーイズ』の制作中には、1話あたり180万ドルを稼ぎ、ギャンブル依存症に拍車がかかっていました。

現在でも、カジノで過ごすのが大好きだそうですが、昔に比べればかなり頻度は減っているようです。

ベン・アフレック

ブラッド・ピット

映画『オーシャンズ11』の撮影中、ハリウッド俳優ブラッド・ピットは、セットの合間にあるチャンスを逃すことなく、スロットマシンやトランプカードで遊んでいました。映画は終了しましたが、ブラッドのギャンブルに対する情熱は変わりませんでした。ラスベガスをはじめ、世界中のカジノでブラッドの姿がキャッチされています。